So-net無料ブログ作成

日本代表 オマーン戦 メンバー



日本代表 オマーン戦 メンバー


日本代表、過酷なアウェー戦でのカギのオマーン戦

最大の不安材料はアウェーの環境も含めたコンディション

ザッケローニ監督は、記者会見で

「暑さは確かにこの試合唯一の不安となる」とコメント。
気候による影響への懸念を示していた。

 これに対し、オマーンのゴールを守るアル・ハブシは
「50度もある6月とは違うんだ」

「30度でしかない。我々にとっても日本の選手にとってもいいはずだ。
日本だって夏はそれだけ暑い。だから、彼らも慣れているはずだし、大きな違いはないよ」

と述べ、ザッケローニ監督の発言に反論した。

ん????

負ける屁理屈を並べるなってことかいな?

勝てるんじゃないでしょうか

3勝1分けの勝ち点10で首位を走る日本代表。

10月のフランス、ブラジルという強豪国との強化試合で抜群のチームワークをみせてくれた

今回のオマーン戦に勝利すれば5大会連続でのW杯出場に王手だ


内田篤人 ブログ こまめ日和.jpg





GK

川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
西川周作(広島)
権田修一(FC東京)

DF

駒野友一(磐田)
今野泰幸(G大阪)
栗原勇蔵(横浜FM)
伊野波雅彦(神戸)
長友佑都(インテル)
内田篤人(シャルケ)※負傷により不参加
酒井高徳(シュツットガルト)※追加招集
吉田麻也(サウサンプトン)
酒井宏樹(ハノーファー)

MF

遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎F)
長谷部誠(ヴォルフスブルク)
細貝萌(レバークーゼン)
本田圭佑(CSKAモスクワ)
高橋秀人(FC東京)

FW

前田遼一(磐田)
岡崎慎司(シュツットガルト)
ハーフナー・マイク(フィテッセ)
乾貴士(フランクフルト)
清武弘嗣(ニュルンベルク)
宇佐美貴史(ホッフェンハイム)

香川真司(マンチェスターユナイテッド)、
宮市亮(ウィガン)ら怪我のため外れ、
岡崎慎司(シュトゥットガルト)、
宇佐美貴史(ホッフェンハイム)らが復帰しました。
先日の欧州遠征(フランス・ブラジル戦)に招集されていた佐藤寿人(広島)

が外れました。


 現地の15時30分からと、気温が30度を越すことが見込まれる昼間の時間設定には、

「午後の早い段階でのキックオフを選択してきたのは、

自分たちの慣れた土壌で勝負したいからではないかと思っている」

と、ザッケローニ監督も警戒

欧州組のリーグ戦の関係でメンバー全員がそろったのは、12日の深夜。

国内組は9日からカタールで事前合宿を行なっていたとは言え、
少ない練習時間とともにコンディション面での劣勢は否めない。

列銭が心配が少なくないことからも、
全神経に注力すべきは先制点よりも失点しないことが挙げられる。

一昔前の代表であれば今の大津レベルでも召集が当たり前でしたが、
今はトップもサイドも層が厚くなりましたからね。

代表で怪我人が出るか、世界でも通用する武器を身につけて結果を出すか、
そのどちらかが無い限り公式戦での召集は難しい

nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © OKニュースゼロ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。